Category Archives: 未分類

未分類

せっかくの退職金も借金で相殺…何も言えねぇ。

会社の中年の人が亡くなった。
業務以外の通常の交通事故だった。
その人は給料から財形貯蓄を積立てていた。

亡くなった後に奥さんが会社に来て、死亡時点までの給料や社内貯蓄の明細をもらったが、財形貯蓄の残高がなかった。ほとんど。
奥さんと話をした上司によると、財形だけで300万はあるはずだとのこと。
ただし、残高通知のようなものは家にはなかったらしい。
毎月の積立金額だけ、給与明細で分かるので、奥さんはたぶんこのくらいの金額だと心積もっていたらしい。
本当は財形貯蓄は残高通知がサイトのマイページで確認できるし、昔はハガキとか通知など紙ベースで受け取っていた気がする。
奥さんはサイトの事も知らなかったらしい。
加えて、庶務の女性が給与から天引きで返済金があったと話していた。
奥さんは帰宅してから明細を見て気づくだろうが、給与明細では会社の組合費と同じ欄に合計額で載っているらしい。
融資とかまだ受けたことのなかった私や同僚はそのことを知らなかった。
それってやたらに高い組合費じゃないか、奥さんも気づきそうなものだと私たちは話していたが、返済金というのが5千円ずつらしい。飲み会の積み立てまがいで組合費として5千円ずつ天引きしているので、中年世代だったら組合費が1万円とか1万5千円くらいだったら、たしかに気づかないかも。
奥さん大変。
業務外の死亡だし、貯金の残は無くなってるし加えて借金。
まあ会社からの借金だから退職金と相殺、って庶務の女性のコメント。
退職金もなくなるのかなと思った。

未分類

たった数万円を貸して友人を失った。知人間での借金の怖さ

会社の元同僚との話です。
同じ会社で働いているときは頻繁に飲みに行ったり、遊びに行ったりするなど仲良くしていました。そしてある日、彼が転職をするということで会社を辞めたのですが、それ以降も頻繁に会っていました。
彼はパチンコやスロットなどギャンブルが好きでよくやっていて、自分の生活に支障が出るくらい負けることもありましたし、逆に何でも高いご飯をおごってくれたり気前の良いときもありました。

そんなある日、彼とスロットを一緒に打ちに行ったのですが、突然「お金が無いから1万円貸してくれないか?」と相談を持ち掛けられ、彼だったらきっと返してくれるからいいだろうと思い、気軽に貸してしまいました。しかしこれが1度ではなく、2度3度と回数を重ねていき、スロットでも大負けし、貸しているお金もだいぶ高いものになりました。そしてその日、「月に1万円ずつ返していくから」ということで解散しました。

その後、お互い仕事が忙しくなり、会う回数も一気に減ったのですが、1か月経っても連絡は来ませんでした。その時はそんなに気にしていなかったのですが、半年経っても連絡が来なかったので彼に連絡しても電話は繋がらず、LINEも既読になりません。実家の連絡先も知るわけもなく、彼の自宅も知らないので、携帯に連絡するしかないのですが、今でも連絡が取れません。たった数万円のお金のやりとりだけで、大切な友人をひとり失いました。

未分類

借金が原因で関係が崩れることもあります。

数年前のことですが、義父が借金をかかえてました。以前から、度々催促がありました。そして、胃がんで借金を残したまま亡くなったのです。あとで、かなりの借金があったことをしったのです。私たちと弟夫妻で何とか払いました。義父は、会社の金を若い時に、かなり使い込んでいたらしいのです。それで、莫大な借金をかかえることになってしまったのです。何とか払えたのはいいものの、今でも自分たちの生活に影響が出ています。そのため、ずっと生活は苦しいままです。電化製品一つもかうのを、渋るくらいです。

このような事態になる前に、なぜ一言もいってくれなかったのか?と今は思います。
主人にも弟夫妻にもなくなるまでどれくらいの借金があるのか、誰にもいってなかったそうです。もし少しでもいってくれたら、他にも対策をみんなで考えて行うことができたかもしれません。父親としてのプライドもあったのかもしれません。自業自得といえば、それまでです。

しかし借金が発端で、仲が良かった主人と弟の兄弟仲も悪くなってしまいました。
そう考えると、本当に借金は怖いです。だから、借金は作らないようにそして自分の借金を子供に託すようなことはしないように気をつけたいと思います。

未分類

プロミスで即日融資を成功させるための時間的条件や必要なもの

全国に支店網を持つ金融機関、消費者金融が推進しているカードローンの過半数が、利便性の高い即日融資ができるようになっており、申し込み手続きを完結したその日に自由にお金を借りることができるので非常に重宝します。ですが大事なのはその日のうちに在籍確認が取れる時間か、また審査後で銀行振り込みができるか、などの時間的な条件も考えなくていけません。
消費者金融と申しますのは、どちらかと言うとカードローンの審査は甘いと言え、銀行の審査に落ちた人でも通過する場合があると言われます。とは言っても、収入が皆無の人は利用できないので、注意が必要です。
総量規制の対象となるのは、私的に融資を受けるという場合だけとされています。その為、一個人が事業資金として借金する場合は、総量規制から除外されるのです。
カードローンの借り換えを実行するなら、当たり前ですが低金利を謳っている業者を選び出すのがセオリーです。苦労の末に借り換えたところで、もともとのカードローンの貸付金利と差がないのでは徒労に終わってしまいます。
以前に消費者金融の貸付審査をパスできなかったことがある方でも、総量規制に抵触しないキャッシングを利用するようにすれば、審査をパスする見込みがまだあると言う事です。

申込申請のイージーさ、審査終了までの時間、キャッシュを手にできるまでのスピードを総合して、利用価値の高い消費者金融をランキング付けしてご提示しております。
総量規制と言いますのは、度を超した借金を抑制し、消費者を守ってくれる存在として認識されていますが、「総量規制に引っかかってしまうと、全くもってお金を用立ててもらえなくなる」ということはないのでご安心ください。
資金の借入先を増やしてしまうと、支払いの見通しが立たなくなります。そういった局面で頼りになるのがおまとめローンなのですが、低金利で借り換えることができれば、なお一層お得感がアップします。
最近では、キャッシングの申込方法としてはパソコンやスマホなどを使って手続きするのが常識になってきましたが、カード発行ができる自動契約機を備え付けている金融機関なら、自動契約機を利用しての申込・契約手続きも行えます。
お金を借りるにあたって為される在籍確認と呼ばれているものは、その日のみならず時間帯も指定することが可能です。ただし夜更けや夜明けの時間帯、または極端に先の日取りなどといった自然ではない指定はできないと思ってください。

カードローンの審査で特に着目するところは、一定の所得があるかないかです。審査は昔に比べてシビアになってきているようで、アルバイトしかやっていない人などは審査で却下されることが多いです。
キャッシングサービスの即日融資につきまして、使って安心の金融会社の案内や現金を受け取るまでのプロセス、返済をする時に注意したい点などを理解しやすいようにとりまとめてみました。
「今現在の自分がカードローンの審査に通ることができるか否か」危惧しますよね。そういった方のために、「審査で拒絶されやすい人の特性」をご案内したいと思います。
人生初で借入を申し込もうという人であれば、そうそう年収の3分の1以上の融資を受けるはずはないでしょうから、はじめから総量規制で頭を抱えるといった問題も起きないでしょう。
あちこちで見かける消費者金融や著名な銀行の中には、最近注目されている「無利息借り入れ」を強みにしているところも少なくありません。この画期的なサービスを利用すれば、定められた期日までは金利が一切発生しません。

未分類

キャッシングの利息、金利は、取りあえず上限金利で考えておくことが大事!

銀行とか消費者金融の金利には下限金利と上限金利の2つがあるわけですが、カードローンの金利を比較対照するなら、上限金利をチェックするのが基本だと思います。プロミスの場合も4.5%~17.8%とはなっていますが、取りあえず17.8%と思っておけばどの利息が適用されようがショックは少ないですよね!

全国に支店を持つような消費者金融であれば、申し込みを行うときに「在籍確認は書類で行なっていただきたい」と依頼すると、電話による在籍確認を省略してお金を借りることが可能になる場合もあり得るようです。
今度給与を受け取ったら全部返済するなど、1ヶ月という期間内にお金を返済するつもりの人は、無利息サービスを提供しているカードローンを申し込むべきだと頭に入れておきましょう。
借り入れ実績についての信用情報を吟味することで、「この人に融資実行しても返済できるかどうか」の判定を下すのがカードローンの審査というものです。
どんな消費者金融においても、所定以上の貸付を希望するときは収入証明書が絶対に必要となります。「収入証明書が誘因となりまわりに露見するのではないか?」などと不安に駆られる人も稀ではないようです。

銀行が提供しているカードローンは、概して300万円までの借金は収入証明書は不必要になっています。消費者金融なんかより、その点については手間要らずだと言っていいと思います。
働いていない主婦の方が「総量規制」の影響を受けない銀行でお金を借りるというふうにすれば、在籍確認は自宅ではなく携帯への電話だけで終わりです。当たり前ですが、配偶者の勤務先への連絡もありません。
総量規制は、過剰な借金を阻止して、利用者を守ってくれるものですが、「総量規制の条件に該当してしまうと、びた一文借り入れできなくなる」という決まりはありません。
概ねフリーローンの申し込みに担保を要求されることはないのですが、さらに多くの金額を低金利で借り入れるという場合は、担保の提供を求められることもあり得ます。
キャッシングにおける総量規制には例外的なケースがあります。たとえば「おまとめローン」に申し込む際は、総量規制の対象から除外されるので、年収の1/3より多額のキャッシングをすることが可能であるのです。

電話による在籍確認が取れないという状況だと、審査をパスすることができないことも十分考えられます。そうなった時はお金を借りるのも不可能になってしまいますから、その日だけは電話を受ける準備だけはしておくことが必須でしょう。
どの業者で借用すべきか全く分からないといった方の為に、項目別に消費者金融をランキング順に掲載しております。間違いなく利用価値が高いものと思っております。
銀行系のおまとめローンサービスは消費者金融に比べると低金利で、なおかつ高額のローンも受け付けているので便利なのですが、審査にパスするのが難しくかなり待たされるところが弱点です。
経験してみるとわかりますが、審査基準に幾らか差があるみたいです。これまでに私自身が借り入れの申請をしてみて、審査に通りやすいと感じた消費者金融をランキング化してみましたので、確認して貰いたいと思います。
おまとめローンを利用するにあたっては、たいていの人が「どのサービスを利用するのが最善なのか?」を考えますが、先ずは銀行系をセレクトすれば間違いありません。